087-888-1211〒761-8076 香川県高松市多肥上町509-1

香川県 高松市 歯科 審美歯科 ホワイトニング 訪問診療 歯周病治療 小児矯正 床矯正 噛み合わせ

食育と足育について

仏生山駅の中村歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
診療案内
  • 歯周病
  • 入れ歯
  • 小児歯科
  • マタニティ歯科
  • 予防歯科
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 顎関節症
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 口呼吸とあいうべ体操
  • 訪問診療

マタニティ歯科

 

食育と足育について

 

入れ歯

 

食育と足育について

食育とは

近年、食事形態が固いものから軟らかいものになって噛む回数が昔に比べて減っていいます。
このことにより、早食いによる食べ過ぎによって顎の発達が遅くなります。
よく噛んで味わって食べることで唾液の分泌が促進され、味覚の発達、消化酵素の分泌が促進され胃の負担も減ります。
近年、軟らかい食べ物に加え、脂肪分・糖分の多い食物を食べる傾向もあります。
脂肪分・糖分により、体を冷やしたり肥満になったりしますので、免疫力の低下を招き風邪になり易くなりますし、糖尿病予備軍も増加します。
最近では日本食の素晴らしさが見直されてるように、当院でも米、味噌や漬物などの発酵食品を中心とする日本食をお勧めしております。
当院では、上記で述べた観点により患者さんによく噛んで味わえるものを食べて欲しいと考えております。
ご希望の患者さんには、食育指導を行い健康な噛み合わせを作るお手伝いを致します。

食卓の向こう側〈第13部〉命の入り口 心の出口 (西日本新聞ブックレット)

足育とは

人間は二足直立歩行が基本で、地面に対しまっすぐに立つ必要があります。
口呼吸やサイズの合わないきつい靴などを履くことで、姿勢の変形・足指の変形が生じ、まっすぐ立てなくなります。
その為、顎関節症・肩こり・腰痛・膝関節痛などを引き起こします。
地面に対してまっすぐ立つことで筋肉のバランスが良くなり、内臓の安定がなされ、健康が促進されます。
その為には、5本の指を使いまっすぐ立つことが重要です。
地球をバランスボールに例えると、人間はその上に立っています。
親指を中心に力を入れて支え、小指はそれを補助する自転車の補助輪の役割をしています。土踏まずは丸い地球にフィットする様になっていることで、滑り落ちないで立っていられます。
それ位、足の使い方や姿勢は重要だと考えます。
当院では、健康な噛み合わせを作る為、ご希望の患者さんに足育として指導しております。

湯浅慶朗 「足指を広げなさい」

ひろのば体操
5本指ソックス販売中

PAGE TOP