087-888-1211〒761-8076 香川県高松市多肥上町509-1

香川県 高松市 歯科 審美歯科 ホワイトニング 訪問診療 歯周病治療 小児矯正 床矯正 噛み合わせ

口呼吸とあいうべ体操

仏生山駅の中村歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
診療案内
  • 歯周病
  • 入れ歯
  • 小児歯科
  • マタニティ歯科
  • 予防歯科
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 顎関節症
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 口呼吸とあいうべ体操
  • 訪問診療

マタニティ歯科

 

食育と足育について

 

入れ歯

 

口呼吸について

皆さんは、鼻呼吸ですか?口呼吸ですか?

人は呼吸を無意識に行っています。
ほとんどの人が、「自分は鼻で呼吸している。」と思っているのではないでしょうか。

ところが、無意識のうちに口呼吸をしているという人がかなり多く、日本人の半数以上が口で呼吸をし、小学生以下に至っては、8割が口呼吸をしている状況だということです。

口呼吸とは、鼻咽頭腔(鼻から喉を出るまで)が狭まられ、正常な鼻呼吸ができないために、口で呼吸を行うことを言います。
その原因は、解剖学的素因(顔の形・口蓋(上顎の形態)・咬合不全など)鼻咽頭腔を塞させるような疾患(副鼻腔炎、鼻炎、鼻中隔彎曲、アデノイド肥大など)、習慣性が指摘されています。

口呼吸すべてが悪いわけではありませんが、長期に渡って慢性化することに問題があります。
そして、その慢性的な口呼吸が、様々な病気の原因となっている可能性があることが指摘され、注目を集めています。

口呼吸は、なぜいけないの?

全身の問題
鼻腔(鼻の穴)の中には、吸気を加湿し、温め更に除菌する目的があり、口で空気を吸うと、空気中の細菌は、容易に身体の中に侵入してくるために、喉の感染症にもかかりやすくなります。また、浄化されない、冷たい、乾燥した空気が吸入されるために、気道組織が損傷される可能性も考えられます。
このように口呼吸は喉だけでなく、下気道(気管・肺)にまで影響を与える可能性があります。
むし歯・歯ぐきへの問題
むし歯・歯周病(歯槽膿漏)は、お口の中の細菌が原因です。
口で呼吸を続けていると、口の中のある部分は、常に乾いている状態になり、唾液によっての細菌の活動などが抑制しきれず、口臭・歯肉の炎症の原因やむし歯のリスクにもなります。
歯並びの問題
口が開いている時間が長いと口の周りの筋肉が緩みがちになります。この口で呼吸する習慣が、口の周りの筋肉の緊張感を損ない、歯並びを悪くする要因のひとつになっています。それは、口で呼吸し続けるには、下顎を下げ、舌を前下方へ位置させ、頭を後ろに傾けることから起こります。
また、口による呼吸法が歪んだ姿勢を取り、この歪んだ姿勢が顔の形や顎の発育にも悪影響を与えてしまいます。顔の発育は遺伝だけではなく、環境の影響を受けやすいのです。
その他の問題
就寝時に口呼吸だと口を開けていることとが多くなり、舌の位置がノドの方に下がるために、いびきをかきやすくなり、ひどくなると睡眠時無呼吸症候群(舌が下がると気道を塞ぎ、無呼吸の状態となる)の原因にもなります。

紹介の本

宇宙飛行士はイビキをかかないくちびるの不思議な働き 秋広 良昭氏著
アトピー、歯周病がよくなるくちびる体操 秋広 良昭氏著
アレルギー体質は“口呼吸“が原因だった ぜんそく・アトピー・花粉症 西原 克成氏著
  • 関連図書は当院で貸し出しています。

口呼吸チェック

下記の項目で3つ以上あてはまる方は、美容や健康に様々な悪影響を及ぼす口呼吸をしている可能性があります。

  • 普段気が付くと口が開いている
  • 目が覚めた時、クチビルが乾いている
  • 目が覚めた時、口の中がネバネバしている
  • 目が覚めた時、喉がヒリヒリする
  • 目が覚めた時、喉にタンがからんでいる
  • 目が覚めた時、口臭を感じる
  • 歯をきちんと磨いているのに、出血したり歯石がたまる
  • 歯をきちんと磨いているのに、前歯が薄茶色になる
  • 口内炎ができやすい
  • 歯をちゃんと磨いているのに、むし歯ができやすい
  • 歯並びが悪い
  • 風邪をひきやすい
  • 鼻がつまりやすい
  • 手が荒れやすい
  • 睡眠時に横向き、うつ伏せで寝る

3つ以上あてはまった方へ
唇のトレーニングをおすすめします。
唇の筋肉を鍛えることで口呼吸をシャットアウト!しかも顔が引き締まってくれることも魅力です。

口呼吸の人の特徴

  • 口を閉じて梅干し
  • 下唇が分厚い
  • 前歯が飛び出す
  • いびき歯ぎしり
  • 口角の高さが違う
  • 腫れたまぶた
  • リップが友達
  • 目の大きさが違う
  • 鼻呼吸と思っている

口呼吸が関与している事が考えられる疾患

アレルギー性疾患(アトピー、喘息、花粉症、鼻炎)
膠原病(関節リウマチ、エリテマトーデス、筋炎、シェーグレン)
うつ病、うつ状態、パニック障害、全身倦怠
腸疾患(胃炎、大腸炎、便秘、痔)
歯科口腔(ペリオ、ドライマウス、顎関節症、虫歯、歯列不正)
その他(イビキ、尋常性乾癬、高血圧、腎臓病、風邪など)

あいうべ体操について

「あいうべ体操」すすめています

確かめてみよう!正しい舌の位置はココ音を鳴らしたときの場所が正解!舌先を丸め、上あごにつけ、「カッ」♪と音を出そう。最初に舌があたる場所が、本来あるべき位置になる。

「あいうべ体操」は、福岡市のみらいクリニックで内科医である今井一彰先生が提唱するお口の体操。
この体操はお口の問題だけでなく、顔のむくみなどの不快症状を改善する可能性があります。
口を大きく「あ~」「い~」「う~」「べ~」と動かします。
運動ですから、できるだけ大げさにします。声は小さい方がやりやすいです。
一日最低30セット(「あいうべ」が1セット)やってください。アゴが痛む方は、 「い~」「う~」だけでも大丈夫です。

舌の位置によって、唾液の分泌、歯槽膿漏、虫歯の状態まで変わってきます。口を閉じているときは、必ず舌の位置を意識するようにして下さい。舌の位置が改善されることで、様々な症状が改善していきます。
舌の本来の位置は、上あごにぴたりとついている状態です。舌の先が、前歯の裏に当たっていたり、舌の両側に歯形がついていたりする方は、舌の位置が低下しています。
「あいうべ」体操で、舌の位置を元通りにしていきましょう。早い方で3週間、遅い方でも3ヶ月程度で改善しますから、あきらめずに頑張ってください。

あいうべ体操 やり方&ポイント

  • 口を大きく動かすことを意識する
  • 1つの動作(例:「あ」)を約1秒で。
  • (「あ」「い」「う」「べ」)を約4秒かけて行う。1セット
  • 1セットを10回続けて行う
  • 1日に3度に分けて(10回×3=計30回)行うのがお薦め
  • お風呂や就寝前がベスト
  • 声は出さなくてOK、少し声を出して行うとストレッチ効果がアップ

  • 口を大きく開ける。
    縦の楕円形に近くなるようにして、のどの奥が見えるくらい口を大きく開ける。

  • 口を横に開ける。
    ほおの筋肉が両方の耳の前に寄る感じがするくらいが目安。首に筋が浮き出るくらいに。

  • 口をとがらせる。
    思い切り唇を前に突き出すようにする。
     

  • 「べ~」と舌を伸ばす。
    舌の先を舌あごの先端まで伸ばすような気持ちで、舌を出す。
    あいうべ体操で「口呼吸」→「鼻呼吸」へ
PAGE TOP