087-888-1211〒761-8076 香川県高松市多肥上町509-1

香川県 高松市 歯科 審美歯科 ホワイトニング 訪問診療 歯周病治療 小児矯正 床矯正 噛み合わせ

マタニティ歯科

仏生山駅の中村歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ
診療案内
  • 歯周病
  • 入れ歯
  • 小児歯科
  • マタニティ歯科
  • 予防歯科
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • 顎関節症
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 口呼吸とあいうべ体操
  • 訪問診療

マタニティ歯科

 

食育と足育について

 

入れ歯

 

マイナス1歳からのむし歯予防

「マイナス1歳から」とはいつのことなのでしょう。

生まれてくるのが0歳なので、妊娠中はマイナス1歳です。

つまり、妊娠中からお母さんと
お腹の中の大切なお子さまの
むし歯予防を始めてみませんか?

という意味です。

この時期からむし歯予防を始めることで、安心して赤ちゃんとのスキンシップを取ることができます。
しんどい子育てのなかで、むし歯予防だけでも楽できるためにも妊娠期から行うことが理想的です。
むし歯にならないお口にすることにより将来お子様がむし歯で辛い思いをすることなく孫子の代まで安心して過ごすことができるのです。

私たちプロフェッショナルに任せて下さい。

健康の源はお口の健康から始まります。

また、予防はお子様が生まれてからでも遅くはありません。今から始めましょう!

ママと生まれてくる赤ちゃんのための歯の健康づくり

口腔内の健康が安産への近道!そしてマイナス1歳からのむし歯予防が大切です! 口腔内の二大疾患は「むし歯」と「歯周病」です。 どちらも「細菌による感染症」です。 でも、おなかの中にいる時、赤ちゃんには細菌はいないのです。 ではいつ感染するのでしょうか?それは唾液からの母子感染による物です。 そのため原因を探りコントロールロールすることで予防することができるのです。

歯周病の妊婦さんは…

心も体もいつもと違う状況になり、お口の状況も、いつもとは違います。

女性ホルモンのバランスが崩れるので自分の免疫力が低下します。そして歯周病の原因の細菌などに感染しやすくなり、菌が増えるのです!

皆さんは感じますか?ねばねば、口臭、出血など歯周病の症状を感じますか?
歯周病がある場合、早産や低体重児出産の危険性が約7倍と高くなります。
喫煙している妊婦のリスクに相当します。

ではどうすればよいのでしょう。
アメリカ歯周病学会のデーターによるとプログラムされたプロフェッショナルクリーニングやフッ素、洗口剤等の併用により、口腔内のむし歯や歯周病の細菌が減少し、68%の早産や低出生体重児のリスク軽減とその結果、生まれた子どもさんの口腔内のむし歯菌や歯周病菌の数も少ないようです。

つまり口腔内の清掃、プラーク・コントロールによって充分に予防をできる物です。

乳歯は(赤ちゃんの歯は)妊娠中に作られています…

妊娠2~3ヶ月 妊娠4~6ヶ月 生後6ヶ月頃から
歯胚が作られる 石灰化が始まる 歯が生え始める

ですから妊娠中から生まれてくるお子さんのむし歯予防を始めましょう。そうすると赤ちゃんが生まれてきても4~6ヶ月頃からはスキンシップを取れるようになり、笑顔で子育てができます。
そのためにむし歯菌の感染を気にすることなくスキンシップを取るためにもマイナス1歳からの予防が必要なのです。
今からの予防が一番良いのです。

当院ではマイナス1歳からのむし歯予防を実現するために、
妊婦さんを対象にしたむし歯菌や歯周病菌の感染予防を行っています。

特に女性は結婚前にきちんと、歯科の健診をおすすめします。
お子様も生後から予防プログラムを開始しましょう

妊婦さんを対象に、よつばウィメンズクリニックにて月1回講演を行っております。
講演内容は、早産・低体重出産を防ぐ赤ちゃんの為のお母さんの口腔ケア、赤ちゃんの元気な歯を育てる食育(母乳の飲ませ方、離乳食の大切さ)などです。

PAGE TOP